Delonghi cornerはGMTの運営するデロンギ家電専門通販サイトです。  GMT SHOPPING
Delonghi[デロンギ]Delonghi[デロンギ]認定
HOME | shopping cartVIEW CART | MY PAGE | お気に入りに追加 | 特定商取引法 | ご利用ガイド | 個人情報保護方針 | メルマガ | お問合せ

Delonghi[デロンギ]コンビコーヒーマシン BCO261N-B

エスプレッソ、ドリップコーヒー、カプチーノがこれ一台で・・・コンビコーヒーマシンの最高峰
Delonghi[デロンギ]BCO261N-W
CODE 201009[color:white]
PRICE 定価:34,800円
29,800円[税込]
数量
⇒ BCO261N徹底解剖
⇒ セールスポイント
⇒ BCO261Nってどんなマシン?
⇒ 基本仕様
⇒ アフターサービス
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B
CODE 201010[color:black]
PRICE 定価:34,800円
29,800円[税込]
数量
⇒ BCO261N徹底解剖
⇒ セールスポイント
⇒ BCO261Nってどんなマシン?
⇒ 基本仕様
⇒ アフターサービス

Delonghi[デロンギ]BCO261N-B 徹底解剖
初めて使用する前の準備
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B それでは、初めて使用する前の準備。
まず、部品類を水洗いしておきます。
次に内部洗浄を行います。

電源コードが抜かれた状態で、電源スイッチをOFFであるこを確認。

本体上面のふたを開け、給水タンクを取り出します。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B 給水タンクに水を入れ本体に戻します。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B 電源コードをコンセントに挿し、ダイヤルを予熱に合わせます。

すると予熱ランプが赤く点灯しボイラーの加熱が始まります。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B フィルターホルダーを取り付けます。
ぐっと、これ以上回らないくらい右までまわします。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B 抽出口の下にカップ等の耐熱容器を置きます。

OKランプが緑に点灯している事を確認し、ダイヤルをエスプレッソ抽出に合わせます。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B 容器の8分目くらい熱湯がたまったら、ダイヤルを予熱に戻し、抽出を止めます。

以上でエスプレッソ部の内部洗浄は完了です。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B 次にミルクフロスター部の内部洗浄。

ミルクフロスターを引き出し、ミルクフロスターの下にミルクジャグ等の耐熱容器を置きます。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B OKランプが点灯している事を確認。

ダイヤルをエスプレッソ抽出に合わせると共に、ゆっくりとスチームノブを開きます。
するとミルクフロスターから熱湯が排出され内部洗浄が行われます。
8分目くらいまでお湯がたまったらスチームノブを閉め、ダイヤルを予熱に戻します。
これを数回繰り返しミルクフロスター部の内部洗浄は終了です。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B 最後にドリップコーヒー部の洗浄です。

ゴールドフィルターがセットされている事を確認し、ガラスジャグをセットし、ドリップコーヒー抽出スイッチを押します。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B 給水タンクの水がなくなり、ガラスジャグの10目盛までお湯がたまったら洗浄終了です。

お湯を捨てて、全ての準備が整いました。
カフェポッドを使ってエスプレッソの抽出
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B さー、いよいよエスプレッソを淹れます。

まず湯煎します。
カフェポッドを付けない状態でホルダーをマシンにセット。エスプレッソカップを置き、ダイヤルをエスプレッソ抽出の位置へ。お湯のみ抽出され、カップ8分目くらいで抽出を止めます。カップのお湯を捨て、ホルダーを外してお湯を切ります。

この作業をすると、ホルダーやカップが温められ、さらにボイラー内の圧力も安定します。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B カフェポッドのセット

ここで活躍するのが、デロンギ特許のESEホルダー。カフェポッドを固定するのでポッドがずれたり、抽出後本体に張り付いたりする事がありません。

1,ボタンを押してフィルター上部を開く。
2,カフェポッドを置く。
3,ボタンをはなす。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B フィルターホルダーを取り付けます。
ぐっと、これ以上回らないくらい右までまわします。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B 抽出口の下にエスプレッソカップを置きます。

OKランプが緑に点灯している事を確認し、ダイヤルをエスプレッソ抽出に合わせます。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B 抽出されています・・・

約30cc程抽出されたらダイヤルを戻し、抽出を止めます。

デロンギのエスプレッソカップなら、30ccラインが引かれているので、とても便利です。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B クレマたっぷりのエスプレッソが抽出されました。

たっぷりのシュガーを入れてお楽しみ下さい。
粉[挽豆]を使ってエスプレッソの抽出
湯煎をする作業は、カフェポッドと一緒です。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B 付属の計量スプーンで正確に量を計り・・・

1杯用:8〜10g
2杯用:13〜14g

今回はillyのノーマルローストのパウダーコーヒーを使用してみました。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B パウダー用フィルターホルダーにコーヒーパウダーを詰めます。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B 付属のプレッサーでタンピング。

タンピングとは、フィルターホルダーに入れた挽豆にタンパーという器具を使い上から圧力を掛け、挽豆をならし固める作業です。
水圧が豆に均等に掛かるよう行います。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B 押し固められフィルターホルダーの中のコーヒーは左のようになります。
あとの抽出はカフェポッドと一緒です。
ホルダーをセットして抽出してください。
カプチーノを作ってみよう
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B カプチーノは、エスプレッソに蒸気で泡立てられたミルクフォームを注いだもの。このマシンのミルクフォーム生成機能はかなりの優れもの。
誰でも簡単に上質のミルクフォームを作る事が出来ます。

まず準備
上記の手順でエスプレッソを30cc、カプチーノ用のカップに抽出しておきます。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B ダイヤルを左のスチームの位置に回します。

ボイラー内圧力がスチームOKの状態になると、OKランプが点灯します。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B 1杯分で80〜100cc
2杯分で160〜200cc

牛乳を容器[ステンレス製のミルクジャグが最適]に入れます。
牛乳は良く冷えた、成分無調整のものを使用します。低脂肪乳は泡立ちません。

ミルクフロスターの先をミルクの奥まで浸し、スチームノブを一気に全開します。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B 徐々に牛乳は空気を抱き込み、かさが増してきます。
止めるタイミングは、温度約70度。
この70度を知るために、ステンレス製のミルクピッチャーが活躍します。ミルクピッチャーに触れて、これ以上触っていられないというタイミングがベスト。
陶器のものだと、量でしか判断できないので、ベストのタイミングをつかむのが難しいです。
スチームノブを完全に閉じ、ダイヤルを予熱の位置へ。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B ミルクピッチャーをくるくる回したり、台にミルクピッチャーの底をトントンと打ったりして、大きい泡を潰し、フォームのキメを整えます。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B 抽出しておいたエスプレッソにミルクフォームを注ぎます。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B これで出来上がり!

慣れたらハートやリーフのラテアートにチャレンジしてみては・・・
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B で、終わりじゃありません。

使い終わったら、濡れた布巾等でミルクフロスターを覆い、スチームを軽く出して牛乳を拭き取ります。

くれぐれも熱いスチームには気をつけてください。
難しいと思われる方は、ミルクピッチャー等に水を入れ、その中にミルクフロスターを挿し、スチームを出して洗浄してください。
ドリップコーヒーを淹れてみよう
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B 付属のガラスジャグに抽出したい分の水を入れ、給水タンクに給水します。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B フィルターホルダーを手前に引き開け、ゴールドフィルターをセットします。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B 付属の計量スプーンで杯数分のドリップ用のコーヒーをゴールドフィルターに入れます。

1杯分:約8〜10g

ドリップ用コーヒー
浅〜中煎りで中〜粗挽きが最適。
※細引きは、ゴールドフィルターの目詰まりを起す可能性がございますので、使用する際はペーパーフィルターをご利用下さい。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B フィルターホルダーを本体に押し込むように戻し、ガラスジャグをセットし、ドリップコーヒー抽出スイッチを押します。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B 抽出しています。

抽出が終わったら、ドリップコーヒー抽出スイッチを押します。
保温する際は、スイッチを入れたままにしておいてください。
[30分以上の保温はコーヒー本来の風味を損ないますので、お薦めいたしません。]
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B ガラスジャグを外し、カップにコーヒーを注いで・・・
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B 出来上がり!
後片付け&お手入れ[毎日の使用終了後]
さて、後片付けです。
これをしっかりやっているとやっていないでは、マシンの持ちが違います。
面倒でもやってあげましょう。

給湯口の洗浄
ホルダーを外した状態で容器にお湯を抽出します。残ったコーヒーカスは火傷に注意しキッチンタオル等で拭き取ってください。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B ここからは電源を切り、コードを抜き、マシンが冷えた状態で行ってください。

使用していた場合は、ミルクフロスターとスチームノズルを外し、ぬるま湯洗いしてください。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B カップ受け、トレイ、給水タンクを取り外し、洗浄。
乾いたらマシンに戻します。
Delonghi[デロンギ]BCO261N-B フィルターやホルダーは、なるべく洗剤は使用しないで下さい。
コーヒーから出た油分が膜を作り、金属臭をおさえます。

一日のお手入れは以上です。
美味しいコーヒーのためにマシンを大切に・・・

▲TOP

Delonghi[デロンギ]BCO261N-B セールスポイント

エスプレッソマシンとしての特長

  • 業務用マシンと同様のポンプ式抽出式で、抽出時気圧9気圧
    (ステンレス製ボイラー内最大15気圧)
  • 高性能サーモスタットの内臓により常時90度でエスプレッソ抽出湯温をコントロール。
  • 高性能サーモスタットコントロールによりクリーミーなきめ細かなミルクを泡立てる首振り式高性能スチームノズル
    デロンギ エスプレッソマシン BCO261N-B
  • カフェポッド専用ESEホルダー付き。
    ボタン一つでフレームが上にあがり、カフェポッドのセット、取り外しがワンタッチ。
  • エスプレッソ・スチームの最適温度状態を示すOKインジケーターランプ付き。
    デロンギ エスプレッソマシン BCO261N-B
  • 大きめのカプチーノカップ使用可能。[高さ8cmまで]
  • 簡単に取り外し洗浄できるドリップトレイ。トレイ内の水位がわかるフロート付き。
    デロンギ エスプレッソマシン BCO261N-B

ドリップコーヒーマシンとしての特長

  • 最大10杯までのドリップコーヒーの抽出が可能。
  • コーヒー本来の風味を最大限に引き出すゴールドフィルター付き。
    (スイス・エルフォ社製23.8Kコーティング、取っ手付き)
    デロンギ エスプレッソマシン BCO261N-B
  • お好みに合わせて濃度を調節できる濃度調節レバー付き。
    デロンギ エスプレッソマシン BCO261N-B
  • フロント開閉式。取り外し可能でお手入れが簡単なフィルタ・ホルダー。
  • フッ素加工の保温プレート付き。
  • ドリップストップ機能付き。

その他の特長

  • 安全ヒューズ付き。
  • ご不用時の再資源化システム。
  • カフェポッド収集袋付き。
  • 非塩ビコード使用。

▲TOP

BCO261N-Bってどんなマシン?

今までもデロンギ社製品には、DC300という同じようなマシンがありました。しかし、2機種には決定的な差があります。DC300ではエスプレッソは作れません。もちろん、カプチーノも作れません。DC300ではイタリアンコーヒーという濃い目のドリップコーヒーしか作れないのに対し、BCO261は9気圧90℃で本格的なエスプレッソを淹れる事が出来ます。

■エスプレッソ
デロンギ社特許のESEホルダーが付いているので、カフェポッドの着脱が簡単です。
ホルダーにカフェポッドが固定されるので、ポッドがずれるのを気にせずホルダーをマシンにセットでき、使用後もマシン本体にカフェポッドが張り付くことがなく、スマートにエスプレッソを楽しんで頂けます。
9気圧90℃の理想的な抽出能力を持っているので、クレマもしっかりたち、ミルクフォームと溶け合った時のなめらかな舌ざわりは、カプチーノの美味しさを引き立てます。

■カプチーノ
カプチーノの美味しさを決めるのはミルクフォームのクオリティー。それは言い換えるならミルクフォームを作るスチームノズルの性能です。
BCO261に付いているスチームノズルはBAR41と同じ高性能スチームノズルです。このスチームノズルはBCO261とBAR41にしか付いていません。
従来のスチームノズルは、ミルクに少しノズルの先を入れて、ミルクフォームを作るときにミルクピッチャーを動かす必要があったので、蒸気が怖かったり、多少のコツが必要だったりと、上質のミルクフォームを作るには少し時間と経験が必要でした。
しかし、この高性能スチームノズルは、ノズルも長く、ミルクピッチャーの底にノズルを差し込んでスチームノブを開くだけ!専門的な知識がなくてもスチームが苦手な人でもすぐに上質のミルクフォームを作ることが出来ます。
また、スチームノズルは本体に収納できるので邪魔にならず、衛生的です。

■ドリップコーヒー
BCO261がDC300から受け継いだ最大の特長がゴールドフィルターです。
家庭でドリップコーヒーを楽しむときはペーパーフィルターを使うことが多いと思います。
紙や紙に付いている糊の臭味を取るために熱湯をかけとりして手間をかけても、出来上がったコーヒーには紙フィルターの味がうつってしまいコーヒー本来の美味しさを楽しむのは困難です。
しかし、23.8金コーティングのゴールドフィルターでコーヒーを淹れると、余分な臭味が混ざらず、純粋なコーヒーの味を楽しむことが出来ます。
その差は歴然で、日頃のコーヒーをあまり飲まない方にもはっきりとわかる程です。
また、ペーパーフィルターが不要なので経済的です。
最大10杯までドリップコーヒーを淹れることが出来る大容量なので何度もコーヒー豆を入れ替える手間が掛かりません。
濃度調節機能が付いていて、ワンタッチで濃度が変えられるので忙しい朝には最適なマシンです。

各機能を別々にご紹介してきましたが、BCO261にはまだ素晴らしい性能があります。
それはドリップコーヒーとエスプレッソを同時に抽出できることです。
ドリップ用とエスプレッソ用に別々の水タンクとボイラーがあるので、同時に抽出しても変わらぬクオリティーを楽しんでいただけます。カプチーノが好きな方もドリップコーヒーが好きな方も出来たてのコーヒーを手に、一緒に食卓を囲むことが出来ます。

▲TOP

Delonghi[デロンギ]BCO261N-B 基本仕様
外寸 W375×D260×H350mm
重さ 4.7kg(本体のみ)
ブラック
コードの長さ 約2m
電圧/周波数 AC100V/50・60Hz
消費電力/ポンプ圧 1,500w/〜15気圧
給水タンク容量 エスプレッソ用1.25L
ドリップ用1.35L
専用付属品 □フィルター3種(ポッド用・パウダー一杯用・パウダー二杯用)
□ポッド専用ホルダー[ESEホルダー]
□パウダー専用ホルダー
□計量スプーン
□お試し用カフェポッド引換えハガキ
□ゴールドフィルター(23.8Kコーティング)
材質 本体:ポリプロピレン樹脂
ボイラー:ステンレス・スチール
保証 1年
原産国 中国
商品コード T4988371021045

▲TOP

アフターサービス窓口
デロンギ・ジャパン サービスセンター
土日祝日を除く毎日 9:30-18:00
〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町3-9安田倉庫(株)内4号ビル
修理 TEL.0120-804-280/FAX.045-450-3291
相談 TEL.0120-064-300/FAX.045-450-3291

▲TOP


商品代金10,800円[税込]
以上のお買上で送料無料

 ◆全自動エスプレッソマシン
 + ECAM23420SB
 + ECAM23450S
 + ESAM5450WH
 + ECAM23210B
 + ESAM1200SJ
 + ESAM1000SJ
 + 業務用ECAM22110SBH
 + 業務用ESAM5500MH
 + 業務用ESAM1100DJ
 ◆エスプレッソマシン [比較表]
 + ECO310
 + ES020J-WH
 + EC221
 + EC152J
 + BCO410J
 + ECM300J-E
 + BCO261N
 + BAR20N-B
 + EC200N
 + BAR14N
 + 業務用SM0102
 + 業務用TC510DA
 ◆ドリップコーヒーメーカー
 + CM336N
 + BCO261N
 ◆モカマシン
 + EMK6
 + EMK2J-S
 ◆コーヒー関連アイテム
 + KG364J[コーヒーミル]
 + エスプレッソカップ
 + カプチーノカップ
 + ミルクジャグ

HEATER
 ◆オイルヒーター
 + HG010915ES[ハイブリッド]
 + V551115EFS[f 字型フィン]
 + V550912EFS[f 字型フィン]
 + D091549EFS[X字型フィン]
 + D071249EFS[X字型フィン]
 + D081569EFS-H[X字型フィン]
 + R910912CF[レトロモダン]
 + R670812CF[デジタル]
 + TRN0505JS[小型]
 ◆パネルヒーター
 + SDH1200J[サロスデロンギ]
 + HHP1000TCJ
 + HHP650J
 ◆ファンヒーター
 + HCH6590EJ
 + DCH4530J-M
 + SFA2040J

 ◆コンベクションオーブン
 + EO1900J
 + EO1258J
 ◆ピザ&トースト
 + EO1202J-W

ICE CREAM
 + IC4000S

MIXER
 + MX270J
 + KFM8150J-E
 + KM4005

OTHER PRODUCTS
 ◆パスタメーカー&ミンサー
 + KMG1200J
 ◆ディープフライヤー
 + DF380
 ◆パニーニメーカー
 + CG160
 ◆シトラススクイーザー
 + JE270
 ◆電動フードナイフ
 + KN500P
 ◆スチームアイロン
 + PRO60

 ◆電気ケトル
 + KBM1511J-E
 ◆トースター
 + CTM2023J-E
 ◆パワーブレンダー
 + KFM8150J-E
 ◆シトラススクイーザー
 + KSM3000J-E
Delonghi[デロンギ]全自動エスプレッソマシン
Delonghi[デロンギ]エスプレッソマシン
Delonghi[デロンギ]
Delonghi[デロンギ]コーヒーメーカー
Delonghi[デロンギ]モカマシン
Delonghi[デロンギ]オーブン
Delonghi[デロンギ]GINA Collection
Delonghi[デロンギ]パニーニメーカー
Delonghi[デロンギ]フライヤー
Delonghi[デロンギ]ミキサー
Delonghi[デロンギ]フードナイフ
Delonghi[デロンギ]スチームアイロン
Delonghi[デロンギ]アイスクリームメーカー
Copyright 2002-2006 Global Managing Table Inc. All rights reserved.
  GMT SHOPPING エスプレッソカフェポッド専門店Mr.POD
エスプレッソカフェポッド
専門店Mr.POD
イリー専門通販サイトilly corner
イリー専門通販サイト
illy corner