Delonghi cornerはGMTの運営するデロンギ家電専門通販サイトです。  GMT SHOPPING
Delonghi[デロンギ]Delonghi[デロンギ]認定
HOME | shopping cartVIEW CART | MY PAGE | お気に入りに追加 | 特定商取引法 | ご利用ガイド | 個人情報保護方針 | メルマガ | お問合せ

Delonghi[デロンギ]全自動エスプレッソマシン ESAM1000SJ

エスプレッソからレギュラーコーヒー、カプチーノまでこれ一台で・・・家庭用コーヒーマシンの決定版
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ
デロンギ全自動コーヒーマシンお買い上げの方にもれなくオリジナルエスプレッソカップ、ペアでプレゼント
CODE 201102
PRICE 定価:95,000円
79,800円[税込]
数量
⇒ ESAM1000SJ徹底解剖
⇒ セールスポイント
⇒ 業務用ESAM1100DJとの違い
⇒ 基本仕様
⇒ アフターサービス

Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ オリジナルエスプレッソカップ、ペアでプレゼント♪
デロンギ全自動コーヒーマシンお買い上げの方にもれなくオリジナルエスプレッソカップ、ペアでプレゼント
デロンギ全自動コーヒーマシンお買い上げの方にもれなくオリジナルエスプレッソカップ、ペアでプレゼント
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ 徹底解剖
初めて使用する前の準備
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ さあ初めて使う前の下準備、空気抜き
これをしっかりやっておかないと!

まず電源コードは抜いてスチームつまみをOFFの位置へ。
ミルクフロスターを内側へ入れます。
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ 給水タンクを取り出し水を入れ・・・
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ 本体に戻します。
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ ミルクフロスターを外側に出してミルクピッチャーやカップで受けれるようにします。
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ いよいよ
電源コードを挿しスイッチON!
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ 電源を入れて30秒以内に
スチームつまみをONの位置へ。
(急がないと・・・)

ミルクピッチャーに30ccほどお湯がたまったらOFFの位置に戻します。
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ その後、自動的に内部洗浄が行われます。(抽出口より熱湯が少量出て、トレイに溜まります。)

内部洗浄が終わると、それまで点滅していた1杯抽出OKランプと2杯抽出OKランプの両方が緑の点灯にに変ります。

これで準備完了!

(この後水硬度チェックもしておくと、マシンに優しいです。)
豆を使ってエスプレッソの抽出
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ さー、いよいよエスプレッソを淹れます。

まず本体上面左の蓋を開け、豆を入れます。今回はillyのノーマルローストを使ってみました。
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ カップをトレイの上に置きます。

必要であれば抽出口を上下に動かして、カップの高さに合わせることが出来ます。7.5cm〜10cm。
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ 必要であれば、コーヒー抽出量調整つまみで抽出量を調整します。

20cc〜180ccの範囲で調整可能。

今回は、純粋にエスプレッソと言う事で、30ccあたりにあわせます。
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ 必要であれば、コーヒー粉量調整つまみでコーヒーの濃度を調整します。

今回は、純粋にエスプレッソと言う事で、一般的な量8gあたりにあわせます。
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ 1杯抽出ボタンを押します。

2杯出しの場合は、カップを2個置いて、2杯抽出ボタンを押します。
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ 抽出が始まりました・・・
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ 抽出しています・・・
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ 出来上がり!
クレマも立ってます。

味的にはノープロブレムです!
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ このマシンの最大の特長は、エスプレッソからレギュラーコーヒーまでお好みのコーヒーが淹れられる点です。

左のダイヤルで抽出量
中央のダイヤルで使用する豆の量
右のダイヤルで豆の挽き目

この3つのダイヤルを駆使して、お好みのコーヒーを見つけて下さい!
粉[挽豆]を使ってエスプレッソの抽出
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ 実は、このマシン挽いたコーヒー豆を使っても抽出が出来るんです!

まず、パウダー抽出ボタンを押します。
するとランプが点灯します。
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ 本体上面中央の蓋を開けます。

付属の軽量スプーンできちんと軽量してパウダーを入れます。
大体8gくらいです。

14g以上入れると故障の原因になりますのでお気をつけ下さい。
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ カップをトレイの上に置きます。

必要であれば抽出口を上下に動かして、カップの高さに合わせることが出来ます。7.5cm〜10cm。
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ 必要であれば、コーヒー抽出量調整つまみで抽出量を調整します。

20cc〜180ccの範囲で調整可能。

今回は、純粋にエスプレッソと言う事で、30ccあたりにあわせます。
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ 1杯抽出ボタンを押します。

※挽豆を使用の場合、2杯同時抽出は出来ません。

手順はこれで終わりです。
豆使用時と同様にエスプレッソが抽出されました。
カプチーノを作ってみよう
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ カプチーノは、エスプレッソに蒸気で泡立てられたミルクフォームを注いだもの。このマシンのミルクフォーム生成機能はかなりの優れもの。
誰でも簡単に上質のミルクフォームを作る事が出来ます。

まず準備
上記の手順でエスプレッソを30cc、カプチーノ用のカップに抽出しておきます。
あとは、牛乳80〜100ccを容器に入れて、ミルクフロスターを外側に出します。
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ スチームボタンを押します。

ボイラー内圧力がスチームOKの状態になると、スチームボタンが赤く点灯します。
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ 1杯分で80〜100cc
2杯分で160〜200cc

牛乳を容器(ステンレス製のミルクジャグが最適)に入れます。

フロスターの先をミルクの中に入れ、スチームつまみを一気にONの位置まで持って行きます。
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ 徐々に牛乳は空気を抱き込み、かさが増してきます。
止めるタイミングは、温度約70度。
この70度を知るために、ステンレス製のミルクピッチャーが活躍します。ミルクピッチャーに触れて、これ以上触っていられないというタイミングがベスト。
陶器のものだと、量でしか判断できないので、ベストのタイミングをつかむのが難しいです。
スチームつまみをOFFに戻し、スチームボタンを押します。
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ ミルクピッチャーをくるくる回したり、台にミルクピッチャーの底をトントンと打ったりして、大きい泡を潰し、フォームのキメを整えます。
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ 抽出しておいたエスプレッソにミルクフォームを注ぎます。
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ これで出来上がり!

慣れたらハートやリーフのラテアートにチャレンジしてみては・・・
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ で、終わりじゃありません。

使い終わったら、ミルクピッチャーに水を入れ、フロスターを水の中に挿し、スチームつまみをONの位置へ。

これでフロスター内部に残った牛乳を排出できます。
後片付け&お手入れ[毎日の使用終了後]
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ さて、後片付けです。
これをしっかりやっているとやっていないでは、マシンの持ちが違います。
面倒でもやってあげましょう。

電源を切り、コードを抜き、マシンが冷えた状態で行ってください。

ミルクフロスターを使用した場合は、ミルクフロスターと内部のスチームノズルを取り外し、ぬるま湯と家庭用洗剤で洗浄します。
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ 抽出口の両サイドを持って引き、フロントドアをあけます。
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ トレイ、給水タンク、カス受けを取り外し、水洗い。
乾いたらマシンに戻します。
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ 抽出ユニット両サイドの赤いボタンをはさむように押し、抽出ユニットを手前に引き出すと外せます。

必ず水洗い。
(洗剤等、食洗機は使用しないで下さい。)

乾いたらマシンに戻します。

一日のお手入れは以上です。
美味しいコーヒーのためにマシンを大切に・・・

▲TOP

Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ セールスポイント
ボタン1つでコーヒー豆を挽くところから抽出までを自動的に行う全自動エスプレッソマシン
ボタンを押すだけで挽きたてのエスプレッソを簡単に楽しめます。
全ての操作が前面からできる『フロントオペレーション』
コーヒーの濃さ(豆の量)やコーヒーの量(抽出量)の設定、コーヒーの抽出、ミルクの泡立て(ミルクフロスター)、給水タンクの脱着等、全ての操作がマシン前面で行えます。
省スペース設計で置く場所を選びません。
脱着可能な抽出ユニット
本体内部に前回使用した際に挽いたコーヒー豆が残りにくい構造で、最初の一杯目から新鮮なコーヒーが味わえます。
脱着可能な抽出ユニットは小型でお手入れも簡単です。
多彩なプログラム
抽出は一杯分と二杯分から選べます。抽出量は20cc〜180cc、コーヒー粉量は一杯なら7g〜11g、二杯ならば11g〜14gと、自分のお好みの量に設定が可能です。
また、ミルクフロスターを使ってミルクを泡立て、カプチーノを楽しむ事もできます。
ランプが点灯・点滅して必要な操作をお知らせする安心設計です。
新コーン式グラインダー搭載
本格的なコーン式グラインダーを搭載。挽き豆の粒度は7段階で変更可能です。
お使いになるコーヒー豆やお好みに応じて、挽き具合を中粗挽きから極細挽きまで調節可能。
駆動方式が従来のギアドライブ方式[EAM1000BJA]よりベルトドライブ方式に変更され騒音レベルが73dBから66dBに減少
新サーモブロック搭載
従来のアルミ製から一部ステンレス製となり、より安定感を増した抽出が可能となりました。
高さ調節可能な抽出口
二杯同時に抽出できる形状で、カップの大きさに合わせてち抽出口の高さを調節できます。
ひとくちサイズのデミタスカップから、たっぷりサイズのマグカップまで使用できます。
コーヒー豆とコーヒー粉の両方で抽出が可能。いつものコーヒー豆とは違う味を楽しみたい時等に使用できます。
内部ボイラー(サーモブロック)の余熱を利用したカップウォーマー付
お手入れ用のブラシ同梱。(DLCB-100)
お試しコーヒー豆2種引換えハガキ付。
ムセッティ ロッサ&クレミッシモ 各250g×1袋
ご不要時の再資源化システム付。
旧モデルとの比較
旧モデルEAM1000BJA
新モデルESAM1000SJ
グラインダー ギアドライブ方式
騒音レベル73dB
ベルトドライブ式
騒音レベル66dB
ボイラー アルミ製 一部ステンレス製
立ち上がり時間 約2分半 約1分半
自動洗浄湯量(電源ON時) 約30cc 約70cc
ゆすぎ時間は旧モデルの1.5倍。雑菌や汚れの洗浄効果がUP。
蒸らし時間(抽出時) 1秒 2秒
抽出温度の安定・味の安定が向上。

▲TOP

業務用ESAM1100DJとの違い
機種名
Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ
家庭用ESAM1000SJ
Delonghi[デロンギ]ESAM1100DJ
業務用ESAM1100DJ
ボイラーの違い シングルボイラー
コーヒー用とスチームノズル用の圧力を一つのボイラーで生成します。コーヒー抽出の圧力とスチームノズル使用時の圧力が異なるため、カプチーノ等の両方を使用するメニューを作る際、そこに待ち時間が発生します。
ダブルボイラー
コーヒー用とスチームノズル用、それぞれ独立したボイラーを備えています。同時に抽出は出来ませんが、コーヒーとスチームの間に待ち時間がないため、迅速にサーブする事が可能です。
抽出ユニットの数の違い 1個 2個
お試しコーヒーの違い 引換えハガキ同梱 ナシ
アフターサービスの違い 家庭用アフターサービス
平日のみの受付
故障時の代替機の貸し出しナシ
業務用アフターサービス
365日対応
故障時の代替機の貸し出しアリ

▲TOP

Delonghi[デロンギ]ESAM1000SJ 基本仕様
外寸 W280×D380×H365mm
重さ 10kg
ブラック
コードの長さ 1.9m
電圧/周波数 AC100V/50・60Hz
消費電力 1,250W
給水タンク容量 最大1.8リットル
専用付属品 全自動エスプレッソマシン用除石灰剤、計量スプーン(本体装着済)、日本語シール(操作パネル用)、水硬度チェッカー、コーヒー機器用クリーニングブラシ
材質 本体:ABS樹脂
給水タンク:AS樹脂
抽出ユニット:ポリアセタール樹脂
保証 1年
原産国 イタリア
商品コード T4988371022073

▲TOP

アフターサービス窓口
デロンギ・ジャパン サービスセンター
土日祝日を除く毎日 9:30-18:00
〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町3-9安田倉庫(株)内4号ビル
修理 TEL.0120-804-280/FAX.045-450-3291
相談 TEL.0120-064-300/FAX.045-450-3291

▲TOP


商品代金10,800円[税込]
以上のお買上で送料無料

 ◆全自動エスプレッソマシン
 + ECAM23420SB
 + ECAM23450S
 + ESAM5450WH
 + ECAM23210B
 + ESAM1200SJ
 + ESAM1000SJ
 + 業務用ECAM22110SBH
 + 業務用ESAM5500MH
 + 業務用ESAM1100DJ
 ◆エスプレッソマシン [比較表]
 + ECO310
 + ES020J-WH
 + EC221
 + EC152J
 + BCO410J
 + ECM300J-E
 + BCO261N
 + BAR20N-B
 + EC200N
 + BAR14N
 + 業務用SM0102
 + 業務用TC510DA
 ◆ドリップコーヒーメーカー
 + CM336N
 + BCO261N
 ◆モカマシン
 + EMK6
 + EMK2J-S
 ◆コーヒー関連アイテム
 + KG364J[コーヒーミル]
 + エスプレッソカップ
 + カプチーノカップ
 + ミルクジャグ

HEATER
 ◆オイルヒーター
 + HG010915ES[ハイブリッド]
 + V551115EFS[f 字型フィン]
 + V550912EFS[f 字型フィン]
 + D091549EFS[X字型フィン]
 + D071249EFS[X字型フィン]
 + D081569EFS-H[X字型フィン]
 + R910912CF[レトロモダン]
 + R670812CF[デジタル]
 + TRN0505JS[小型]
 ◆パネルヒーター
 + SDH1200J[サロスデロンギ]
 + HHP1000TCJ
 + HHP650J
 ◆ファンヒーター
 + HCH6590EJ
 + DCH4530J-M
 + SFA2040J

 ◆コンベクションオーブン
 + EO1900J
 + EO1258J
 ◆ピザ&トースト
 + EO1202J-W

ICE CREAM
 + IC4000S

MIXER
 + MX270J
 + KFM8150J-E
 + KM4005

OTHER PRODUCTS
 ◆パスタメーカー&ミンサー
 + KMG1200J
 ◆ディープフライヤー
 + DF380
 ◆パニーニメーカー
 + CG160
 ◆シトラススクイーザー
 + JE270
 ◆電動フードナイフ
 + KN500P
 ◆スチームアイロン
 + PRO60

 ◆電気ケトル
 + KBM1511J-E
 ◆トースター
 + CTM2023J-E
 ◆パワーブレンダー
 + KFM8150J-E
 ◆シトラススクイーザー
 + KSM3000J-E
Delonghi[デロンギ]全自動エスプレッソマシン
Delonghi[デロンギ]エスプレッソマシン
Delonghi[デロンギ]
Delonghi[デロンギ]コーヒーメーカー
Delonghi[デロンギ]モカマシン
Delonghi[デロンギ]オーブン
Delonghi[デロンギ]GINA Collection
Delonghi[デロンギ]パニーニメーカー
Delonghi[デロンギ]フライヤー
Delonghi[デロンギ]ミキサー
Delonghi[デロンギ]フードナイフ
Delonghi[デロンギ]スチームアイロン
Delonghi[デロンギ]アイスクリームメーカー
Copyright 2002-2006 Global Managing Table Inc. All rights reserved.
  GMT SHOPPING エスプレッソカフェポッド専門店Mr.POD
エスプレッソカフェポッド
専門店Mr.POD
イリー専門通販サイトilly corner
イリー専門通販サイト
illy corner