Delonghi cornerはGMTの運営するデロンギ家電専門通販サイトです。  GMT SHOPPING
Delonghi[デロンギ]Delonghi[デロンギ]認定
HOME | shopping cartVIEW CART | MY PAGE | お気に入りに追加 | 特定商取引法 | ご利用ガイド | 個人情報保護方針 | メルマガ | お問合せ

Delonghi[デロンギ]エスプレッソマシン
ECM300J-E

Delonghi[デロンギ]ECM300J-E
CODE 201020
PRICE 定価:37,800円
31,500円[税込]
数量
⇒ ECM300J-E徹底解剖
⇒ 他のエスプレッソマシンと比較する
⇒ セールスポイント
⇒ 基本仕様
⇒ アフターサービス

◆ Delonghi[デロンギ]ECM300J-E 徹底解剖
カフェポッドを使ってエスプレッソの抽出
Delonghi[デロンギ]ECM300J-E それでは抽出に・・・

給水タンクに水を入れ、
マシンにセットし・・・

電源プラグをコンセントに挿します。
Delonghi[デロンギ]ECM300J-E 電源ボタンを押します。

すると電源ランプが赤く点灯し、
ボイラーの加熱が始まります。
Delonghi[デロンギ]ECM300J-E しばらくするとOKランプが緑色に点灯し、準備が整います。

さーいよいよエスプレッソ抽出といきたいところですが、ちょっとその前にエスプレッソやカプチーノをより美味しく楽しむための一工夫。
Delonghi[デロンギ]ECM300J-E カップの湯煎をします。

コーヒーやカフェポッドを付ける前のホルダーをエスプレッソマシンに装着

空のカップを抽出口の下に置き

エスプレッソ抽出ボタンを押します。

するとお湯のみ抽出され、カップ、ホルダーが湯煎されます。
Delonghi[デロンギ]ECM300J-E それでは抽出に・・・
カフェポッドをフィルターホルダーにセットします。

ここで活躍するのが、デロンギ特許のESEホルダー。カフェポッドを固定するのでポッドがずれたり、抽出後本体に張り付いたりする事がありません。

1,ボタンを押してフィルター上部を開く。
2,カフェポッドを置く。
3,ボタンをはなす。
Delonghi[デロンギ]ECM300J-E フィルターホルダーを取り付けます。
ぐっと、これ以上回らないくらい右までまわします。
Delonghi[デロンギ]ECM300J-E 抽出口の下にエスプレッソカップを置きます。

OKランプが緑に点灯している事を確認し、エスプレッソ抽出ボタンを押します。
Delonghi[デロンギ]ECM300J-E 抽出されています・・・

約30cc程抽出されたら再度エスプレッソ抽出ボタンを押し、抽出を止めます。

デロンギのエスプレッソカップなら、30ccラインが引かれているので、とても便利です。
Delonghi[デロンギ]ECM300J-E クレマたっぷりのエスプレッソが抽出されました。

たっぷりのシュガーを入れてお楽しみ下さい。
粉[挽豆]を使ってエスプレッソの抽出
湯煎をする作業は、カフェポッドと一緒です。
Delonghi[デロンギ]ECM300J-E 付属の計量スプーンで正確に量を計り・・・

1杯用:8〜10g
2杯用:13〜14g

今回はillyのダークローストのパウダーコーヒーを使用してみました。
Delonghi[デロンギ]ECM300J-E パウダー用フィルターホルダーにコーヒーパウダーを詰めます。
Delonghi[デロンギ]ECM300J-E 付属のプレッサーでタンピング。

タンピングとは、フィルターホルダーに入れた挽豆にタンパーという器具を使い上から圧力を掛け、挽豆をならし固める作業です。
水圧が豆に均等に掛かるよう行います。
Delonghi[デロンギ]ECM300J-E 押し固められフィルターホルダーの中のコーヒーは左のようになります。
あとの抽出はカフェポッドと一緒です。
ホルダーをセットして抽出してください。
カプチーノを作ってみよう
Delonghi[デロンギ]ECM300J-E カプチーノは、エスプレッソに蒸気で泡立てられたミルクフォームを注いだもの。このマシンのミルクフォーム生成機能はかなりの優れもの。
誰でも簡単に上質のミルクフォームを作る事が出来ます。

まず準備
上記の手順でエスプレッソを30cc、カプチーノ用のカップに抽出しておきます。
Delonghi[デロンギ]ECM300J-E スチームボタンを押します。

ボイラー内圧力がスチームOKの状態になると、OKランプが緑色に点灯します。
Delonghi[デロンギ]ECM300J-E 1杯分で80〜100cc
2杯分で160〜200cc

牛乳を容器[ステンレス製のミルクジャグが最適]に入れます。
牛乳は良く冷えた、成分無調整のものを使用します。低脂肪乳は泡立ちません。

ミルクフロスターの先をミルクの奥まで浸し、スチームノブを一気に全開します。
Delonghi[デロンギ]ECM300J-E 徐々に牛乳は空気を抱き込み、かさが増してきます。
止めるタイミングは、温度約70度。
この70度を知るために、ステンレス製のミルクピッチャーが活躍します。ミルクピッチャーに触れて、これ以上触っていられないというタイミングがベスト。
陶器のものだと、量でしか判断できないので、ベストのタイミングをつかむのが難しいです。
スチームノブを完全に閉じます。
Delonghi[デロンギ]ECM300J-E ミルクピッチャーをくるくる回したり、台にミルクピッチャーの底をトントンと打ったりして、大きい泡を潰し、フォームのキメを整えます。
Delonghi[デロンギ]ECM300J-E 抽出しておいたエスプレッソにミルクフォームを注ぎます。
Delonghi[デロンギ]ECM300J-E これで出来上がり!

慣れたらハートやリーフのラテアートにチャレンジしてみては・・・
で、終わりじゃありません。

使い終わったら、濡れた布巾等でミルクフロスターを覆い、スチームを軽く出して牛乳を拭き取ります。

くれぐれも熱いスチームには気をつけてください。
難しいと思われる方は、ミルクピッチャー等に水を入れ、その中にミルクフロスターを挿し、スチームを出して洗浄してください。
後片付け&お手入れ[毎日の使用終了後]
さて、後片付けです。
これをしっかりやっているとやっていないでは、マシンの持ちが違います。
面倒でもやってあげましょう。

給湯口の洗浄
ホルダーを外した状態で容器にお湯を抽出します。残ったコーヒーカスは火傷に注意しキッチンタオル等で拭き取ってください。
Delonghi[デロンギ]ECM300J-E ここからは電源を切り、コードを抜き、マシンが冷えた状態で行ってください。

使用していた場合は、ミルクフロスターとスチームノズルを外し、ぬるま湯洗いしてください。
Delonghi[デロンギ]ECM300J-E カップ受け、トレイ、給水タンクを取り外し、洗浄。
乾いたらマシンに戻します。

フィルターやホルダーは、なるべく洗剤は使用しないで下さい。
コーヒーから出た油分が膜を作り、金属臭をおさえます。

一日のお手入れは以上です。
美味しいコーヒーのためにマシンを大切に・・・

▲TOP

◆ Delonghi[デロンギ]ECM300J-E セールスポイント
豊かなアロマを味わえるデロンギ最上位機種
豊かなアロマを味わえる15気圧[抽出時9気圧]のポンプ式で、抽出温度もベストな90度[味わう際の温度70度]を可能にした、デロンギエスプレッソメーカーの最上級機種です。
耐久性に優れたスチールボディ
スチール製のボディの採用により、高級感と耐久性の良さを兼ね備えたマシンです。
カフェポッド専用ESEホルダー[特許取得]付。
ボタン一つでフレームが上にあがり、カフェポッドの着脱がワンタッチ。
さたにESEホルダーには、エスプレッソをなめらかに抽出するためのアダプターが付属。エスプレッソの無駄な泡立ちを抑え、よりなめらかなエスプレッソをご賞味いただけます。
カフェポッドとパウダーコーヒー兼用
高性能サーモスタットコントロールによりクリーミーなきめ細かなミルクを泡立てる首振り式スチームノズル
ステンレス製カップウォーマー
マシン上部にカップウォーマーを付属。
時間がある時はカップウォーマーを使用し、時間がない時は湯煎し、カップを温めてから抽出することが美味しいコーヒーを楽しむコツです。
容量(1.45L)揚水チューブ不用、カートリッジ式透明水タンク
エスプレッソ・スチームの最適温度状態を示すOKインジケーターランプ付。
安全ヒューズ付。
大きめのカプチーノカップ使用可能。[高さ7cmまで]
簡単に取り外し洗浄できるドリップトレイ。
ご不用時の再資源化システム付。

▲TOP

◆ Delonghi[デロンギ]ECM300J-E 基本仕様
外寸 W270×D280×H315mm
重さ 3.6kg[本体のみ]
クリーム
コードの長さ 約2m
電圧/周波数 AC100V/50・60Hz
消費電力/ポンプ圧 1,000w/〜15気圧
給水タンク容量 1.45L
専用付属品 ■フィルター3種[ポッド用・パウダー一杯用・パウダー二杯用]
■ポッド専用ホルダー[ESEホルダー]
■パウダー専用ホルダー
■計量スプーン
■お試し用カフェポッド引換えハガキ
材質 本体:スチール
台座:ABS
水タンク:SAN[AS樹脂]
水タンクふた:ABS
ボイラー:ステンレス
カップウォーマー:ステンレス
保証 1年
原産国 中国
商品コード T4988371022059

▲TOP

◆ Delonghi[デロンギ]アフターサービス窓口
デロンギ・ジャパン サービスセンター
土日祝日を除く毎日 9:30-18:00
〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町3-9安田倉庫(株)内4号ビル
修理 TEL.0120-804-280/FAX.045-450-3291
相談 TEL.0120-064-300/FAX.045-450-3291

▲TOP


商品代金10,800円[税込]
以上のお買上で送料無料

 ◆全自動エスプレッソマシン
 + ECAM23420SB
 + ECAM23450S
 + ESAM5450WH
 + ECAM23210B
 + ESAM1200SJ
 + ESAM1000SJ
 + 業務用ECAM22110SBH
 + 業務用ESAM5500MH
 + 業務用ESAM1100DJ
 ◆エスプレッソマシン [比較表]
 + ECO310
 + ES020J-WH
 + EC221
 + EC152J
 + BCO410J
 + ECM300J-E
 + BCO261N
 + BAR20N-B
 + EC200N
 + BAR14N
 + 業務用SM0102
 + 業務用TC510DA
 ◆ドリップコーヒーメーカー
 + CM336N
 + BCO261N
 ◆モカマシン
 + EMK6
 + EMK2J-S
 ◆コーヒー関連アイテム
 + KG364J[コーヒーミル]
 + エスプレッソカップ
 + カプチーノカップ
 + ミルクジャグ

HEATER
 ◆オイルヒーター
 + HG010915ES[ハイブリッド]
 + V551115EFS[f 字型フィン]
 + V550912EFS[f 字型フィン]
 + D091549EFS[X字型フィン]
 + D071249EFS[X字型フィン]
 + D081569EFS-H[X字型フィン]
 + R910912CF[レトロモダン]
 + R670812CF[デジタル]
 + TRN0505JS[小型]
 ◆パネルヒーター
 + SDH1200J[サロスデロンギ]
 + HHP1000TCJ
 + HHP650J
 ◆ファンヒーター
 + HCH6590EJ
 + DCH4530J-M
 + SFA2040J

 ◆コンベクションオーブン
 + EO1900J
 + EO1258J
 ◆ピザ&トースト
 + EO1202J-W

ICE CREAM
 + IC4000S

MIXER
 + MX270J
 + KFM8150J-E
 + KM4005

OTHER PRODUCTS
 ◆パスタメーカー&ミンサー
 + KMG1200J
 ◆ディープフライヤー
 + DF380
 ◆パニーニメーカー
 + CG160
 ◆シトラススクイーザー
 + JE270
 ◆電動フードナイフ
 + KN500P
 ◆スチームアイロン
 + PRO60

 ◆電気ケトル
 + KBM1511J-E
 ◆トースター
 + CTM2023J-E
 ◆パワーブレンダー
 + KFM8150J-E
 ◆シトラススクイーザー
 + KSM3000J-E
Delonghi[デロンギ]全自動エスプレッソマシン
Delonghi[デロンギ]エスプレッソマシン
Delonghi[デロンギ]
Delonghi[デロンギ]コーヒーメーカー
Delonghi[デロンギ]モカマシン
Delonghi[デロンギ]オーブン
Delonghi[デロンギ]GINA Collection
Delonghi[デロンギ]パニーニメーカー
Delonghi[デロンギ]フライヤー
Delonghi[デロンギ]ミキサー
Delonghi[デロンギ]フードナイフ
Delonghi[デロンギ]スチームアイロン
Delonghi[デロンギ]アイスクリームメーカー
Copyright 2002-2006 Global Managing Table Inc. All rights reserved.
  GMT SHOPPING エスプレッソカフェポッド専門店Mr.POD
エスプレッソカフェポッド
専門店Mr.POD
イリー専門通販サイトilly corner
イリー専門通販サイト
illy corner