Delonghi cornerはGMTの運営するデロンギ家電専門通販サイトです。  GMT SHOPPING
Delonghi[デロンギ]Delonghi[デロンギ]認定
HOME | shopping cartVIEW CART | MY PAGE | お気に入りに追加 | 特定商取引法 | ご利用ガイド | 個人情報保護方針 | メルマガ | お問合せ

Delonghi[デロンギ]業務用エスプレッソマシン SM0102

ミルクフォーム自動生成機能搭載、便利な機能満載のカフェポッド専用エスプレッソマシン
Delonghi[デロンギ]SM0102-RN
CODE 201021 [color:red]
PRICE 定価:オープン
168,000円[税込]
数量
⇒ SM0102徹底解剖
⇒ セールスポイント
⇒ 基本仕様
⇒ カタログダウンロード
⇒ アフターサービス
Delonghi[デロンギ]SM0102-YW
CODE 201011 [color:yellow]
PRICE 定価:オープン
168,000円[税込]
数量
⇒ SM0102徹底解剖
⇒ セールスポイント
⇒ 基本仕様
⇒ カタログダウンロード
⇒ アフターサービス
Delonghi[デロンギ]SM0102-BL
CODE 201012 [color:blue]
PRICE 定価:オープン
168,000円[税込]
数量
⇒ SM0102徹底解剖
⇒ セールスポイント
⇒ 基本仕様
⇒ カタログダウンロード
⇒ アフターサービス

Delonghi[デロンギ]SM0102 徹底解剖
初めて使用する前の準備
Delonghi[デロンギ]SM0102 『ちっちゃい!』
このマシンを初めて見た時の感想です。業務用のマシンなのに家庭用並の大きさ、これもダブルサーモブロックの高性能のなせる業です。

それでは、初めて使用する前の準備。
内部洗浄を行います。
本体上面のふたを開け、水タンクを取り出します。
Delonghi[デロンギ]SM0102 水タンクに水を半分以上入れ本体に戻し、3本の揚水チューブ[エスプレッソ用・ミルクフォーマー用・簡易洗浄用]をタンク内に入れ、ふたを閉じます。

※揚水チューブには全てフィルターが付いており、浄水しています。これも業務用ならではの嬉しい機能ですね♪
Delonghi[デロンギ]SM0102 電源コードをコンセントに挿し、エスプレッソ電源スイッチをON。

するとエスプレッソ電源ランプが緑に、コーヒー警告ランプが赤に点灯しボイラー[サーモブロック]の加熱が始まります。
Delonghi[デロンギ]SM0102 大き目のカップをエスプレッソ抽出口の下に置き・・・

カフェポッドを乗せずに、レバーをしっかりと下まで下ろします。
Delonghi[デロンギ]SM0102 コーヒー警告ランプが消灯しているのを確認し・・・

プログラム設定スイッチを押します。
Delonghi[デロンギ]SM0102 容器の8分目くらい熱湯がたまったら、再度プログラム設定スイッチを押し、抽出を止めます。これを7・8回繰り返しエスプレッソ部の内部洗浄は完了です。
Delonghi[デロンギ]SM0102 次にミルクフォーマー部の内部洗浄です。

[本洗浄]
ミルクフォーマー部は左のように分解できます。初めて使用になる際は、分解して中性洗剤を溶かしたぬるま湯で付けおき洗いしてください。乾燥後元通りに組み立て、マシンに装着してください。
Delonghi[デロンギ]SM0102 ミルク吸入パイプを給水口に差し込みます。
Delonghi[デロンギ]SM0102 ミルクフォーマーの下にミルクピッチャーを置き・・・

スチーム電源スイッチをON。

するとスチーム電源ランプが緑、スチーム警告ランプが赤に点灯し、スチームボイラー[サーモブロック]の加熱が始まります。
Delonghi[デロンギ]SM0102 スチーム警告ランプが消灯している事を確認し・・・

スチームスイッチを押します。
Delonghi[デロンギ]SM0102 ミルクフォーマー内部が洗浄されお湯が出てきます。
約15〜20秒間続けます。
この作業を2・3回繰り返し、
全ての準備は終了です。
エスプレッソの抽出
Delonghi[デロンギ]SM0102 さー、いよいよエスプレッソを淹れます。

エスプレッソカップをエスプレッソ抽出口の下に置き・・・

レバーを上げ、ポッドホルダーの上にカフェポッドを置きます。
Delonghi[デロンギ]SM0102 レバーを固定される位置までしっかりと下げます。
Delonghi[デロンギ]SM0102 コーヒー警告ランプが消灯している事を確認し・・・

A,B,Cいずれかのボタンを押します。

A,Bは予め設定した抽出量で自動的に抽出が終了する定量抽出。
Cは終了時に再度押す事により抽出を止めるマニュアル抽出。

⇒ 定量抽出設定方法
Delonghi[デロンギ]SM0102 抽出しています・・・

定量抽出の場合は、自動的に抽出が止まります。

マニュアル抽出の場合は、再度プログラム設定スイッチを押して抽出を止めます。
Delonghi[デロンギ]SM0102 さすが業務用!

素晴らしいエスプレッソが抽出されました。

たっぷりのシュガーを入れて楽しんでみては・・・
カプチーノを作ってみよう
Delonghi[デロンギ]SM0102 カプチーノは、エスプレッソに蒸気で泡立てられたミルクフォームを注いだもの。このマシンのミルクフォーム生成機能はかなりの優れもの。
誰でも簡単に上質のミルクフォームを作る事が出来ます。

まずよく冷えた成分無調整の牛乳を用意し、パックにそのままミルク吸入パイプを挿します。[低脂肪乳は泡立ちません。]
Delonghi[デロンギ]SM0102 ミルクフォーマーの下にミルクピッチャーを置き・・・

スチーム電源がONで、スチーム警告ランプが消灯している事を確認し・・・

スチームスイッチを押します。
Delonghi[デロンギ]SM0102 吸い上げられた牛乳は、ミルクフォーマーにより空気を抱き込み、トロトロのミルクフォームとなりミルクピッチャーの中に落ちてきます。
Delonghi[デロンギ]SM0102 再度スチームスイッチを押し、ミルクフォームの抽出を止めます。

SM0102では、ミルクフォームも定量抽出設定が出来ます。
定量抽出設定されていれば、再度スチームスイッチを押す必要はありません。設定した抽出量で自動的に止まります。

⇒ 定量抽出設定方法
Delonghi[デロンギ]SM0102 エスプレッソをカプチーノカップに抽出し始めると共に・・・

ミルクピッチャーをくるくる回したり、台にミルクピッチャーの底をトントンと打ったりして、大きい泡を潰し、フォームのキメを整えます。
[割れる心配のないステンレス製のミルクジャグがお薦め]
Delonghi[デロンギ]SM0102 エスプレッソにミルクフォームを注ぎます。
Delonghi[デロンギ]SM0102 これで出来上がり!

ちょっとミルクフォームを多く作りすぎましたが、エスプレッソとミルクフォームの混ざり合い方は抜群!
エスプレッソフレーバーのトロトロミルクフォームです♪
Delonghi[デロンギ]SM0102 このミルクフォーマーのすごいところは、ミルクフォームのクオリティーや温度を簡単に変えることが出来る事です。

左のミルクフォーマー調整ピンを回したり上下に動かしたりすることでミルクに抱き込ませる空気の量を調整します。空気の量を増やせば固いフォームに、減らせば柔らかいフォームになります。

右のミルク温度調整ネジで温度調節。
締めれば熱く、緩めればぬるくなります。
もっと簡単にカプチーノを作ってみよう
あらかじめ定量抽出設定をおこない、カフェポッドとミルクの準備をした上で・・・
Delonghi[デロンギ]SM0102 ミルクフォーマーを左に動かし、エスプレッソ抽出口とミルクフォーム抽出口が一つのカプチーノカップの上になるように調整します。

そしてエスプレッソ抽出スイッチとスチームスイッチを押すだけ・・・
Delonghi[デロンギ]SM0102 同時に抽出され・・・

あっという間に出来上がり!

定量設定していれば、自動で止まります。マニュアルの場合手動で止めてください。

ミルクフォームのキメを整える作業がない分、ミルクフォームのクオリティーは粗くなりますが、簡単美味しいカプチーノです。
定量抽出設定方法
Delonghi[デロンギ]SM0102 まずはエスプレッソの定量抽出設定。

カフェポッドを装着し、エスプレッソカップを置きます。
Delonghi[デロンギ]SM0102 エスプレッソの定量設定は2プログラム用意されているので、ここではプログラム1で設定してみます。

電源がON、コーヒー警告ランプの消灯を確認し・・・

プログラム設定スイッチを押しながら、エスプレッソ抽出スイッチ[プログラム1]を押す。

両方のスイッチを放す。
Delonghi[デロンギ]SM0102 ご希望の抽出量に達したところで、再度プログラム設定スイッチを押し、抽出を止めます。

以上で終了です。簡単です。

プログラム2も設定方法は同じです。スイッチをプログラム2にして設定してください。
Delonghi[デロンギ]SM0102 次にミルクフォームの定量抽出設定です。これは1プログラムです。

ミルクフォーマーの下にミルクピッチャーを置き・・・

電源をON
Delonghi[デロンギ]SM0102 スチーム警告ランプが消灯していることを確認し・・・

プログラム設定スイッチを押しながら、スチームスイッチを押す。

両方のスイッチを放す。
Delonghi[デロンギ]SM0102 お好みの抽出量で再度スチームスイッチを押します。

以上で定量設定終了です。
後片付け&お手入れ[毎日の使用終了後]
さて、後片付けです。
これをしっかりやっているとやっていないでは、マシンの持ちが違います。
面倒でもやってあげましょう。
Delonghi[デロンギ]SM0102 まず、カフェポッドフィルターの洗浄です。

カフェポッドを装着しない状態でエスプレッソ抽出ボタンを押し、フィルターの洗浄を行います。
Delonghi[デロンギ]SM0102 ここからは電源を切り、マシンが冷えてから行います。

ミルクフォーマーを洗浄します。

[本洗浄]
ミルクフォーマー部は左のように分解できます。これらの部品とミルク吸入パイプ、チューブを分解して中性洗剤を溶かしたぬるま湯で付けおき洗いしてください。乾燥後元通りに組み立て、マシンに装着してください。
Delonghi[デロンギ]SM0102 受け皿と給水タンクを取り外し洗浄します。乾燥後、元に戻します。

一日のお手入れは以上です。
美味しいコーヒーのためにマシンを大切に・・・

▲TOP

Delonghi[デロンギ]SM0102 セールスポイント
カフェポッド専用業務用エスプレッソマシン
ポッドを乗せ、レバーを引いて、抽出ボタンを押す。
3ステップで本格的なエスプレッソを安定して供給できます。
カフェポッドは、最適な圧力と量でひとつひとつパックされているので、味が安定し常に新鮮な状態で抽出することができ誰でもおいしいエスプレッソを淹れることができます。
しかも、カフェポッドはコーヒーのロスを最小限にし、管理も非常に楽になります。
ダブルサーモブロック[乾燥ボイラー]搭載でコンパクトなエスプレッソマシンを実現
エスプレッソ抽出専用とスチーム専用のサーモブロックを搭載しコンパクトなボディを実現しました。エスプレッソとフォームミルクの同時抽出が可能です。
コントロールボタンで2種類の定量設定が可能
コーヒー抽出量を2プログラム設定することができます。
また、ミルクフォームの量も1プログラム定量設定することができます。
カプチーノが簡単に作れる自動生成ミルクフォーマー
チューブの先端を牛乳パックに差し込み、スチームボタンをオンするだけで、きめの細かいミルクフォームが瞬時に抽出できます。
便利な簡易洗浄機能付きです。
エスプレッソ・スチームの最適温度状態を示すOKインジケーターランプ付。
安全ヒューズ付。
大きめのカプチーノカップ使用可能。
簡単に取り外し洗浄できるドリップトレイ。
ご不用時の再資源化システム付。

▲TOP

Delonghi[デロンギ]SM0102 基本仕様
外寸 W200×D355×H345mm
マシンを設置するには、本体プラス、上に水タンクを出し入れするために30cm、後ろに10cm程のスペースが必要になります。マシンの右にカプチーノ用のミルクを置くためのスペースも必要になります。
重さ 11kg(本体のみ)
イエロー、ブルー
コードの長さ 2.0m
電圧/周波数 AC100V/50・60Hz
消費電力/ポンプ圧 1,200w/〜15気圧
給水タンク容量 最大3.0リットル
専用付属品 イオン交換樹脂フィルター3個
ガスケット用Oリング1個
六角アレンレンチ4mm1個・3mm1個
簡易マニュアル
ミルクフォーマーセット
保証 1年
原産国 イタリア

▲TOP

アフターサービス窓口
デロンギ・ジャパン 業務用サービスセンター
365日 9:30-18:00
TEL:0120-074-900

▲TOP


商品代金10,800円[税込]
以上のお買上で送料無料

 ◆全自動エスプレッソマシン
 + ECAM23420SB
 + ECAM23450S
 + ESAM5450WH
 + ECAM23210B
 + ESAM1200SJ
 + ESAM1000SJ
 + 業務用ECAM22110SBH
 + 業務用ESAM5500MH
 + 業務用ESAM1100DJ
 ◆エスプレッソマシン [比較表]
 + ECO310
 + ES020J-WH
 + EC221
 + EC152J
 + BCO410J
 + ECM300J-E
 + BCO261N
 + BAR20N-B
 + EC200N
 + BAR14N
 + 業務用SM0102
 + 業務用TC510DA
 ◆ドリップコーヒーメーカー
 + CM336N
 + BCO261N
 ◆モカマシン
 + EMK6
 + EMK2J-S
 ◆コーヒー関連アイテム
 + KG364J[コーヒーミル]
 + エスプレッソカップ
 + カプチーノカップ
 + ミルクジャグ

HEATER
 ◆オイルヒーター
 + HG010915ES[ハイブリッド]
 + V551115EFS[f 字型フィン]
 + V550912EFS[f 字型フィン]
 + D091549EFS[X字型フィン]
 + D071249EFS[X字型フィン]
 + D081569EFS-H[X字型フィン]
 + R910912CF[レトロモダン]
 + R670812CF[デジタル]
 + TRN0505JS[小型]
 ◆パネルヒーター
 + SDH1200J[サロスデロンギ]
 + HHP1000TCJ
 + HHP650J
 ◆ファンヒーター
 + HCH6590EJ
 + DCH4530J-M
 + SFA2040J

 ◆コンベクションオーブン
 + EO1900J
 + EO1258J
 ◆ピザ&トースト
 + EO1202J-W

ICE CREAM
 + IC4000S

MIXER
 + MX270J
 + KFM8150J-E
 + KM4005

OTHER PRODUCTS
 ◆パスタメーカー&ミンサー
 + KMG1200J
 ◆ディープフライヤー
 + DF380
 ◆パニーニメーカー
 + CG160
 ◆シトラススクイーザー
 + JE270
 ◆電動フードナイフ
 + KN500P
 ◆スチームアイロン
 + PRO60

 ◆電気ケトル
 + KBM1511J-E
 ◆トースター
 + CTM2023J-E
 ◆パワーブレンダー
 + KFM8150J-E
 ◆シトラススクイーザー
 + KSM3000J-E
Delonghi[デロンギ]全自動エスプレッソマシン
Delonghi[デロンギ]エスプレッソマシン
Delonghi[デロンギ]
Delonghi[デロンギ]コーヒーメーカー
Delonghi[デロンギ]モカマシン
Delonghi[デロンギ]オーブン
Delonghi[デロンギ]GINA Collection
Delonghi[デロンギ]パニーニメーカー
Delonghi[デロンギ]フライヤー
Delonghi[デロンギ]ミキサー
Delonghi[デロンギ]フードナイフ
Delonghi[デロンギ]スチームアイロン
Delonghi[デロンギ]アイスクリームメーカー
Copyright 2002-2006 Global Managing Table Inc. All rights reserved.
  GMT SHOPPING エスプレッソカフェポッド専門店Mr.POD
エスプレッソカフェポッド
専門店Mr.POD
イリー専門通販サイトilly corner
イリー専門通販サイト
illy corner